世界の中央に聳え立つ巨大な“塔”。


何のために造られたのか、いつからそこに在るのか、それは誰も知らない。

ただ、毎日のように数多くの冒険者がその塔に入り、儚く命を散らしていた。


塔から少し離れた場所に、屋根の一部が崩れ外装が剥がれ落ちた館が建っていた。

そこには失われた魔術の研究を行っている白髪の男と、屍肉から形作られたメイドの少女が住んでいる。



少女に与えられた仕事は大きく分けて3つ。


館に関する一切の家事をまかなうこと。

侵入して来る冒険者を撃退すること。

そして、必要な際には主人の実験体となること。

 


命さえ持たない少女の受難の日々が、今、始まる。

 

……かもしれない。